【メイ】こういう時こそ人に与えられる人間になりたい

私はもともとお金のことを考えるのがとってもニガテで、なぜこの世にお金が存在しているのか時々わからなくなる。
 
そういう人間なので時々思いもよらないところでお金が足りなくなったりして自分でもびっくりしてしまったりする。
お金のことを考えると、ストレスが貯まるの。あったとしても、なかったとしても。
 
 
 

 


でもニンゲンだから日々お金は使っていて、何に使ってるのかな?と思って見てみると、私は人や何かのために自分を費やすことをたくさんたくさんしているんだなってことがわかる。
 
やり方や種類はいろいろあれど、私はお金を払って、人のためになることや人に自分を差し出すことをたくさんたくさんしてきたようです。それが表面的には、「私が得る」ことになってたとしても、意識はいっつも誰か私以外のところにある。
 
私が一生懸命勉強したり経験したりするのは、「自分のため」と言っておきながら、本当は私のように苦しんでる誰かのために何かしたいからだと気がついた。
 
私がたくさん人間を観察したり分析するのも、それを相手に伝えて、その人が自分のことをよりよく理解できるように手助けしたいからだった。そうやって、自分の知ってることを相手に伝えて、それがその人にとっての学びになれば嬉しいなって。言葉を勉強したのも、文章をいっぱい書いて伝えたいって思ったのも、元を辿ると全てがそこに行き着く。
 
 
それでどうしてそんなことをやるかって言ったら、結局それが自分の一番やりたいことだったからだった。
 
私は人の、その人らしい背中を見てそこから勝手にたくさんのことを学んでる。だから、みんなが自分らしく生きられるようにすることが私にとっても大切なことなんだって。
 
 
  
お金がない!どうしよう!」ってなって「どうしたらお金をもらえる人間になるんだろう?」と考えて悶々としたこともたくさんあったけど、多分もしかしたら、そもそもそういう考え方でお金とか、その他いろいろなこととかを捉える必要がないのかもなって。
 
お金のことは、今もこれからもよくわからないまんまと思うけれど、それはそうとして、私はとりあえずこのまんま、自分と相手が溶け合うくらいに寄り添って、その人に必要なものをその都度与えられる人になりたいなぁって思いました。
 
 
与えることで、大きなものを受け取ってる。
 
その大きなものが、多分幸せって呼ばれるものなのかもしれないなぁって思います。
 
 
とても幸せ者です、私